みんなのために行う工事

公共工事はどこまでやってくれるのか

夜間に行われる公共工事

工夫して工事を行っている

交通量が多い道路を工事する場合は、夜間に行われることもあります。
昼間はたくさんの人が利用するので、工事をして通行止めになったり渋滞が発生すると迷惑をかけてしまいます。
夜間だったらどのような道路でも、通る人が少ないので工事しても大丈夫でしょう。
そのように公共工事をする際は、できるだけ周辺の住民の生活を脅かさないように工夫されています。

ただ近くに住んでいる人は、工事の音が少しうるさいと感じてしまうかもしれません。
しかしもっと暮らしやすくするためなので、我慢してください。
どんな時も作業員は、一生懸命工事に取り組んでいます。
文句を言うようなことは、絶対にしないでください。
作業員に対して、感謝の気持ちを持ちましょう。

どうしても昼間に行わなければいけない

場所によっては夜間に工事ができないので、昼間になってしまう場合があります。
昼間に公共工事が行われる際は、その道を使わなくてもいいように別の道を知っておくといいですね。
特に仕事でその道を使う場合は、渋滞に巻き込まれると仕事に間に合わなくなります。
公共工事が原因でも、それは理由になりません。

事前に、いつから公共工事が行われると把握できます。
その日までに、迂回ルートを見つけておきましょう。
たまには別の道を通ることも、新鮮な気分を味わえるのでおすすめです。
別の道を通った時に、職場まで何分ぐらいで到着するのか把握してください。
それがわかっていれば、遅刻することもありません。
利用しやすい迂回ルートを選びましょう。