土壌汚染調査をすれば健康被害から免れる!

作業者

土地の汚染調査

土壌汚染調査を行うメリットは土地の汚染を調べる事ができるため、土地の資産価値を守る事になり、売買契約がスムーズになります。また企業が土地を購入するときには、土壌汚染調査を行うことで企業の社会的な信用が向上します。

確実にすませるには

現代の日本において、多くの人を悩ませているのが土地汚染です。そして、悩んでいる人の多くが土壌汚染調査と浄化を依頼しています。土壌汚染調査は一括で依頼をする事で色々な悩みから解放されます。また、海外にネットワークがあるので、最新の技術で調査と浄化を一度に行えます。

土壌調査を行なおう

住宅建設などを行う場合、その土地が以前工場であった場合などには、土壌汚染調査を行うことが必要である。土壌汚染調査を行い、その調査結果により土の入れ替えなどの対策を行う必要がある。それにより、安心して生活することができる。

土壌調査の流れや方法

地盤調査

土地の安心を知るために

邸宅や商業施設の建築時、その土地の汚染が疑われる場合には土壌汚染調査をしなければならないと定められているほど、土壌汚染というのは我々にとって非常に重要な問題のひとつである。土壌汚染調査は大きく三段階に分けることができる、前段階として行われるのは地歴調査である。これはその土地がどのように利用・活用されてきたかを調べるもので、土壌を採取する調査ではない。登記簿のチェックや地図での確認が中心となり、地歴調査の段階で汚染していないと判断できた場合は調査終了となる。一方で地歴調査によって土壌汚染の可能性があった場合、実際に土壌を採取しての土壌汚染調査が開始される。面積に応じて50cm〜1mほどの深さまで掘った上で土壌を採取しての調査が行われるが、深刻な汚染が発見された、あるいはその可能性が疑われる場合はより精密な調査へと移行する。土地を一定の区画でわけ、土壌をまんべんなく調査したり、土壌の下にある地下水の採取も調査内容に含まれることもある。これらの土壌汚染調査を終えて、土壌に含まれる有害物質の量、汚染度合いなどを判断することになるが、汚染状況が酷いと判断された場合には行政によって指定区域に判断されることもあり、こうした場合は土砂の運び出し、水質改善などを含む汚染除去のための措置が必要になる。土壌汚染調査はこのようにいくつかのステップを踏んで行われ、土壌汚染が発見された場合には基本的に自治体への報告をすることになっている。