土壌汚染調査をすれば健康被害から免れる!

作業員

土地の汚染調査

作業者

調査を行うメリット

購入したい土地がある場合には、業者に依頼して土壌汚染調査を行ってもらう事によって、その土地が汚染されていないか確かめる事ができます。土壌汚染調査を行わずに土地を購入すると、土地が汚染されているリスクを回避する事ができないため、購入後にトラブルになる可能性があります。購入した土地が汚染されていると資産価値が低下し、土地の利用方法が制限されるため、土地を有効活用する事が難しくなります。土壌汚染調査を行って汚染されていない土地を購入する事で、土地の資産価値を守る事ができ、売却するときの不動産取引も円滑になります。また企業が汚染された土地を購入すると企業イメージが低下して、社会的な信用が落ちます。業者に依頼して土壌汚染調査を行ってから土地を購入すれば、環境保全を行っている企業として、社会的な信頼性が高まります。汚染された土地を元の状態に戻すためには多額の費用が必要になるため、経済的な負担が大きくなります。土地を購入する時に土壌汚染調査を行えば、そういったリスクを回避する事ができ、汚染対策として費用が拡大する事はありません。土壌が汚染されていると健康に影響が出るため、長期間にわたって土地を利用する事ができません。また土壌汚染は放置すると範囲が拡大するため、近隣の住民から健康被害を訴えられる可能性も高いです。土地を購入する際に土壌汚染調査を行うことで、健康を守る事ができますし、近隣の住民に迷惑をかける事もなくなります。