土壌汚染調査をすれば健康被害から免れる!

作業員

土壌調査を行なおう

工事現場

住宅建設などを行う場合、地盤調査を行うことが一般的であるが、状況よっては土壌汚染調査の必要性もある。住宅建設を行う土地については、その場所が以前何であったかにより土地の状況が大きく変わることがある。特に工場などが建っていた土地の場合には、その土地の土壌が汚染されているケースもあり、このような土地を活用する場合には土壌汚染調査を行う必要がある。土壌汚染調査がされていない状態で住居建設をしてしまった場合には、のちに環境問題が発生するケースがある。汚染された土壌からは有害物質が気化し、それにより人体に長期にかけて影響を及ぼす恐れがある。その為、住居を建てる前に十分な土壌汚染調査を行い対策を行っておくことが重要である。土壌汚染調査により、土壌に汚染があると確認された場合には、その状況により対策が行われることになる。対策としては、土の入れ替えや中和剤により化学物質を中和させるなどの方法がとられる。これらを行なっておくことで、安心してその場に住むことが可能になる。土壌汚染調査では、それらを専門に行う業者があるため業者活用が必要になる。土壌汚染調査を行う業者を選ぶ際には、いくつかのポイントがある。調査業者では、業者によりどの程度の内容まで調査できるかが異なるケースがある。その為、より詳細に調査したい場合には専門性の高い業者を選ぶことが必要である。また、土壌汚染調査の実績が豊富な業者を選ぶこともポイントである。